双旦拿”福袋“ 报名有惊喜---未名天日语寒假班
北京未名天日语培训学校2014年12月n1n2考前冲刺班
拨打电话图标 400-6602-400 ×
免费领取价值299元的零基础入门体验课(小班)
学日语
  课程分类
日语能力水平测试



  校区分布
电话: 010-62760081
手机: 15901531168
北京市海淀区知春路泛亚大厦4层401室
免费日语学习宝典免费观看视频课程
您的位置:首页>日语学习> 在线测试>JLPT>日语能力测试二级真题阅读模拟题(27)

 日语能力测试二级真题阅读模拟题(27)

作者:未名天日语培训学校 来源:未名天日语 时间:2019-07-05  
分享到:
  各位考生们在备考的过程中都会看大量的资料以及做大量的习题,在日语学校培训的同学老师也会给大家梳理重要知识点,如果在考试之前还是无法掌握自己真实水平的话,就来真题模拟检测下吧,下文是日语能力测试二级真题阅读模拟题(27),希望能够帮助同学们顺利突破能力考,如果想更好的学习日语,也希望大家来报名北京日语培训—未名天日语学校的考级辅导面授班!
  
  (一)
  
  「情報化社会」ということばは、必ずしも明確に概念化されてはいない。ごく大雑把に、「会社的に大量の情報が準備された状態」とか「情報の生産、加工、処理、操作および消費する会社機構が肥大化した状態」あるいは「物の生産よりも、情報の生産にウェイトが移行した状態」、そして「情報の生産部門(第四次産業とも名づけられている)へ大量の労働力が集中されている状態」などなど、いくつかの情報をめぐってひき起こされた状況の変化を示すコトバだといってよいであろう。当然これらの状態は、単に一つの状態だけが現出するのではなくして、いくつかの状態が組み合わさっている。こうした状態のもっとも先駆的な形は、マス•メディアの発達の結果生まれたマス•コミの世界である。しかし、マス•コミのもつ情報量を遥かに越える膨大な情報が生産されるようになってきたの現代である。たとえば教育関係然り、コンピューター関連企業、各種サービス、医療、通信業、研究開発、弁護士、会計士などによって代表される情報産業は、情報の生産、転達、加工、貯蔵によって利潤を獲得しようとしている。この種のいわゆる情報産業の飛躍的増大をみたのがやはり現代社会の特質である。もちろん、大量の情報が転達されるようになった背景は、科学技術の急速な進歩による。およそ現代のように情報が氾濫している状態は、戦前においては予想もできなかった。エレクトロニクス、宇宙通信衛星などまさに日進月歩の自然科学の発達は、現代社会の様相を一変せしめる力をもつに至ったのである。
  
  【问题】
  
  この文章の内容に最も近いものをA~Dの中から一つ選びなさい。
  
  1. 情報化社会と呼ばれる現代社会では生産される情報の量が膨大なものとなっている。
  
  2. 現代社会の膨大な情報はすべてマス•コミという情報産業が生産している。
  
  3. 現代のように大量の情報が生産される状態は50年以上から続いている。
  
  4. 情報化社会が生まれたのは情報が氾濫していたからである。
  
  【答案】1
  
  【参考翻译】
  
  “信息社会”这一说法未必准确。实际上应该说它是表示围绕若干信息发生的状态变化的粗略说法。这就是“大量信息在社会上的准备状态”、“信息生产、加工、处理、操作以及消费社会机构庞大化状态”、“生产重点向情报生产大转移状态”还有“大量劳动力向信息生产部门(也称第四产业)大集中状态”等状态。当然,这些状态并非以单一状态出现,而是由若干状态组合形成。这种状态的先驱形式是宣传媒介发展后产生的宣传广告世界。但是,生产出庞大的信息,并远远超出宣传广告所具有的信息量的却是当今时代。例如,教育机构、计算机关联企业、各种服务行业、医疗、通信业、研究开发、律师、会计师等所代表的信息产业,正准备通过信息生产、传播、加工、贮藏而获得利润。眼见这种所谓的信息产业突飞猛进也是当今社会的特点。当然、大量信息传播的背后是先进的科学技术。像如今这样的信息泛滥状态,在战前是绝对无法预测的。电子设备、通信卫星等简直是日新月异地发展着的自然科学已然具有使现代社会彻底改变面貌的力量。
  
  【解析】
  
  本问题中选项1的意思是“被称为信息社会的当今社会所生产的信息量是庞大的”; 选项2的意思是“当今社会的庞大信息全部由宣传广告产业生产”; 选项3的意思是“像今天这样生产大量信息的状态已持续了50年以上”; 选项4的意思是“信息社会的产生是因为信息泛滥”。
  
  其中,选项1的意思与文章内容一致,所以本题答案为1。其他2、3、4部分的内容与文章不一致,所以不能选择。
  
  (二)
  
  木は、地球の環境を守るために、さまざまな働きをしていますが、暮らしを支える資源としても、とても大切です。家を作るのも木、家具や道具にもたくさん木が使われています。
  
  日本で毎年使われている木材の量は、約1億1000万立方メートルです。そのなかで国内で生産できる量は約20パーセントの2200万立方メートルだけで、足りない分は、アメリカ、カナダ、東南アジアなどからの輸入にたよっています。
  
  年間の輸入量は、約8834万立方メートルです。そのうち約32パーセントが住宅建設に使われ、残りのほとんどが紙を作るためのパルプの原料です。原料となる木は、現地でこまかくくだかれ、チップにして船で運ばれてきます。
  
  新聞や本やノートのほかにも、私たちの周りには、たくさんの紙製品があります。牛乳やジュースなどの容器として使われている紙パックだけでも、毎日約8500本分のチップが使われています。日本人の紙の消費量は、一人あたり239キログラムです。①これは電話帳に換算すると125冊分で、つみ上がると高さは5.6メートルにもなります。 このような日本人大量に木材を輸入しているので、森林破壊や砂漠化につながると世界中から非難されたことがあります。たしかに②その危険があります。そこでその危険をふせぐため、製紙会社やボランティアが中心になって、世界各地で植林活動をすすめています。
  
  注:パルプ:木材や植物などから繊維を取り出したもの。紙などの原料
  
  【问题】
  
  (1)輸入される木材の6割以上は、どんなことに使われていますか。
  
  1、住宅   2、家具    3、紙     4、容器
  
  (2)「①これ」は何を指しているか。
  
  1、 1年で日本人一人が消費するチップの量
  
  2、 1年で日本人一人が読む新聞
  
  3、 1年で日本人一人が使う紙パック
  
  4、 1年で日本人一人が消費する紙の量
  
  (3)「②その危険」は何を指しているか。
  
  1、 日本が大量に木材を輸入するので、外国の自然環境を壊す考えられていること
  
  2、 日本で生産される木材が減って、すべてを外国からの輸入にたよること
  
  3、 日本では木材で住宅を建設をするため、今後も多くの木が使われるということ
  
  4、 日本では外国と比べて、容器にする紙を大量に消費するといわれていること
  
  【答案】341
  
  【参考翻译】
  
  木在地球环境的保护上起着各种各样的作用,另一方面作为维持生活所需的资源,也是非常重要的。造房子时候需要木材,做家具道具时木材也被大量使用。
  
  在日本每年木材的使用量约为一亿一千万立方米。其中日本国内能生产的量只占20%左右的2200立方米,其他的都靠从美国,加拿大,东南亚等地方进口。
  
  全年的输入量大约是8834立方米。其中大约32%用于住宅建设,剩下的绝大部分用于做纸时所需的原材料。木材作为原材料,在当地被磨成细小的碎片,并做成木片用船运输。
  
  除了报纸书本及笔记本外,在我们的周围还有很多的纸制品,光作为牛奶果汁等的容器所使用的纸质包装,每天就有8500的片的木屑被使用。日本人纸的消费量,每人大约为239千克。如果换算成电话号码本的话是125本,叠起来就有5五六米高了。
  
  因为日本如此大量的进口木材,被世界各国指责过这样会引发森林破坏,沙漠化。确实也有这方面的危险。为了防止这种危害的产生,以造纸公司,志愿者为中心,世界各地进行植树活动。
  
  以上就是日语能力测试二级真题阅读模拟题(27)的全部内容介绍,考前日语培训很重要,希望上述文章能够帮助到大家,感谢阅读!如果您想要了解更多信息,欢迎继续访问北京日语培训—未名天日语学校的官方网站!